任意売却解決事例3|横浜の任意売却のことならよこはま任意売却相談室へお任せ下さい

よこはま任意売却相談室

任意売却の解決事例7〜10

12 | 3

任意売却で娘の受験を乗り越えました。

マンション
所在地:横浜市
職業:内装業
年齢:本人40代
家族:奥様、娘
建物種別:マンション
残債:1,500万円
売却価格:1,300万円

相談内容 横浜市保土ヶ谷区にお住まいのYさんは内装業のお仕事をされていました。
しかし、取引先からの受注が減少し、住宅ローンの滞納と税金を滞納している状況でした。
Yさんには、受験を控えたお嬢さんがいて、受験が終わるまで負担をかけたくないというお悩みがありました。
解決方法 債権者と役所に交渉して任意売却を認めていただきました。
協力者の方に家賃を支払い住み続けることが出来、お嬢さんの受験に影響が出ない方法で解決することが出来ました。

リースバックが得意なので、よこはま任意売却相談室を選びました。

戸建て
所在地:横浜市磯子区
職業:会社員
年齢:本人42歳
家族:奥様、息子
建物種別:中古戸建
残債:2,000万円
売却価格:2,500万円

相談内容 横浜市磯子区にお住まいのBさんは住宅ローンの負担が重くなり、どうすれば良いか大手の不動産会社に相談に行ったそうです。
残債が2000万円に対し、査定額は予想していた3200万円を遥かに超える4000万円と提示され、売却したお金でマンションを購入してはいかがでしょうかと提案されたそうです。
その金額で売れるならと売却の依頼をしたものの、なかなか売れず、不動産会社から連絡が来る時は値下げを促す電話ばかりだったそうです。
そして、3480万円に下げても、案内すら入らない状況が続いたそうです。
これでは、売ったお金でマンションを購入するのは難しいと思っていた時に弊社のホームページをご覧いただき、住み続けることも出来るということに興味を持ち、ご相談を頂きました。
解決方法 Bさんは住宅ローンの滞納が半年ほど経過していたので、すでに債権者から競売の申し立てをされていました。
すぐに債権者と連絡を取り任意売却の方向で話を進めました。
後日、リースバックに協力していただける買主が現れ、10年以内に買い戻すことも出来る条件付きで住み続けることが出来ました。
一時は狭いマンションに引っ越すしかないと思っていた時期もあったけど、愛着のある家に住み続けられて本当に有難いとおっしゃっていました。
今回のケースと同じようなケースは実際かなり多いです。
大手不動産会社はリースバックのノウハウがありません。
なので、高く売りましょうと提案されるようですが、実際よりも高い査定を提示され、売却の依頼を受けますが、実際はその金額で売れないケースがほとんどのようです。
みなさんは、不動産会社の特性をよく理解した上で依頼してくださいね。

PageTop