任意売却解決事例2|横浜の任意売却のことならよこはま任意売却相談室へお任せ下さい

よこはま任意売却相談室

任意売却の解決事例4〜6

1 | 2 | 34

国税局からの追徴税を15年ほど放っておいた結果 驚愕の金額に!

マンション
所在地:神奈川県横浜市中区
職業:会社員
年齢:本人50代
家族:奥様
建物種別:マンション
残債:約6000万円
売却価格:4000万円

相談内容 ラーメン屋を営んでいらっしゃるKさん。
お店は地元でかなりの人気店でした。
しかし、国税局から食材費が高すぎる、もっと安いはずだと食材の経費計上が認められず、追徴税を請求されてしまいました。
実は、高級な食材を使用していたので普通の食材よりは高かったそうなのですが、追及した味を出すために材料を変えるわけにはいきません。しかも、追徴税を支払うなんてKさんは納得がいきません。
その後、15年ほど追徴税を支払わないまま、奥様のNさん名義で念願のマイホームを購入しました。そしてそれから約1年後のある日、国税局からご自宅に公売(国が行う競売)をかけられます。
その時Kさんの税金滞納額は2,700万円まで膨れ上がっていました。
怖くなったKさんから連絡をいただき、これ以上税金が増え続けると手に負えないのでどうにかしてほしいとご相談を受けました。
解決方法 今回、ご自宅の権利関係を正確に把握することがポイントでした。住宅ローンの債権者は自分たちが第一順位だと主張していましたが、法廷納期限を確認すると国税局が第一順位でした。住宅を購入する前に滞納し、納期限が来ていたので税金の支払いが優先されます。
そして住宅ローンの債権者と交渉の末、なんとか売却出来ました。
1年ほどしか住んでいないご自宅は売却せざるを得ませんでしたが、税金を全額返済でき、住宅ローンの残債返済も月々5,000円ずつ返していくことで債権者と話がつきました。
また、ご夫婦力を合わせてマイホームを手に入れるため頑張っていくとおっしゃっていました。
住宅ローンは交渉も可能ですが、税金はほとんどのケースが減額を認めません。
したがって今回のケースで国税局が第2順位であれば、任意売却は難しかったでしょう。
まずは、正確に状況を確認すること、そして税金はなるべく優先して支払いましょう。
神奈川県横浜市中区で税金のお悩みをお抱えの方は、ぜひよこはま任意売却相談室にご相談ください。

相続トラブルを避けるために売却し、そのまま住み続ける方法を選びました。

マンション
所在地:神奈川県横浜市戸塚区
職業:無職
年齢:本人83歳
家族:奥様
建物種別:マンション
残債:無し
売却価格:1500万

相談内容 相談者Iさんは住宅ローンを完済し、税金の滞納もありませんでした。
しかし、相続のことでお悩みを抱えていらっしゃいました。
お子様はいらっしゃらなかったのですが、ご兄弟が3人いて、お互い仲が良くなかったそうです。
近頃、兄弟達がIさんのマンションについて、相続のことで口を出してくるようになり、相続後にIさんの奥様と必ず揉めるのではないかという不安にかられていたそうです。
そんな時、インターネットでリースバックのことをお調べになり、お電話をいただきました。
解決方法 Iさんのご自宅を1,500万円で売却し、購入者に家賃を月々10万円支払うことでそのままご自宅に住み続けることになりました。
資産を売却したことで、相続資産が無くなり、トラブルを回避しました。
そして、まとまった金額の生活費も入ったことで医療費などの不安も解消され、大変喜ばれました。
神奈川県横浜市戸塚区でリースバックをご希望の方は、ぜひよこはま任意売却相談室にご相談ください。

任意売却して、病気をサポートしてくれた彼と結婚することが出来ました。

マンション
所在地:神奈川県横浜市西区
職業:無職
年齢:本人32歳
家族:夫
建物種別:マンション
残債:2000万
売却価格:1800万

相談内容 2年程前のこと、当時居酒屋勤務だったUさんは、今まで一生懸命働き、賃貸より買った方が支払いが安く済むということで5年前に1LDKのマンションを購入されました。
その後お付き合いしていた彼氏と結婚の話が出て充実した日々を過ごされていたそうです。
そんな矢先、突然電車に乗っている時に計り知れない不安に襲われて動けなくなってしまったそうです。
後日、病院でパニック障害と診断されました。
それから仕事にも行けなくなり、住宅ローンを滞ることになってしまったそうです。
Uさんのことが心配で彼が様子を見に来てくれるのですが、東京に住んでいる彼の自宅から、彼女の自宅まで、片道一時間半。
申し訳無く思っていたUさんは自宅を売って一緒に住もうと言ってくれた彼の提案に従い、自宅を売却することにしました。
解決方法 しかし、すでに6ヶ月以上住宅ローンを滞納し、競売にかけられていました。すぐに売却活動を行い、幸い1ヶ月ほどで高く売ることが出来、引越し代を手元に残すことが出来ました。
残った債権については、月々3,000円ずつ返していくことになりました。
その後、彼との同棲期間を経て結婚することが出来たそうです。
まだ、パニック発作があり、完治はしていないそうですが、彼と支えあいながら歩んでいきたいとおっしゃっていました。
神奈川県横浜市西区でマンションの任意売却をご検討の方は、ぜひよこはま任意売却相談室にご相談ください。

PageTop